ペプチアvsビッグサイザー 増大戦争の行方

ペプチアvsビッグサイザー 増大戦争の行方

そもそも固くなるのか?大きくなるのか?

ペプチアを紹介して初めての大きな反響があったのは去年の12月ぐらいでしょうか。私のページということではなく、どこか別のメディアで紹介されたのがきっかけで、ネット検索する人が増えたそうです。巡り巡って私のページを訪れる人も増え、個人的にこのサイトの存在を知らせていた友人からも問い合わせがありました。「効くのか?」ストレートな質問でした。答えはイエス。既婚の中年の悩みは嫁を抱き続けるか否かでのマンネリ化したセックス事情。相手ももちろん臭いおっさんをこのまま受け続けるのかで体がこわばってきます。ほんのつかの間の起爆剤でもないよりはマシ。まだまだ自分も捨てたもんじゃないと、出会い系アプリをダウンロードした友人を何人か知っています。ペプチアは簡単に言えばマカ系を効率よく体に取り込むことができるのがウリで、ドンキなどで売っている安価なものに現代のテクノロジーが入って吸収されやすくなったようなイメージがわかりやすいのではないでしょうか。エロメンといわれる男優さんもひと昔前はDHCなどの安い亜鉛だけでギンギンになって現場に行くという時代もあったようです。がしかし、今はそれぞれに少しグレードの高い商品、中にはスポンサーになってくれるメーカーもあったりして、もともと強い性欲は安泰で、アスリートばりに健康チェックをかかさない人も多いとか。気をつけたいのは毎日飲んでいても、中学生のころのようにぎらついた日々が続くわけではないということ。やはりエンジンそのものはガタついているということでしょうか、様子を見ながら、基本は筋トレや食事、そっちの方が重要なのではないでしょうか。ペプチアがヒットした要因は広告のイメージ戦略が当たったから。従来にない清潔でクリーンなイメージを医師監修という品質重視で、一見すると下半身のサプリとわからない洗練されたデザインによるものではないでしょうか。従来通りの「ザ・男」を前面に打ち出した、漢字メインのデザインも健在ではありますが、時代の流れとともに技術、信頼みたいなものを連想させるデザイン戦略はこれからのあらゆる分野において参考になるケースだと思います。

ビッグサイザーもすごかった

ビッグサイザーも記事にした後、反響がありました。固くなるの?ではなくデカくなるの?という、私もそこはMaybeとしか答えようのない、一瞬の反発力を考慮するとデカくなっているような気もするし、確かにペプチアとは違うギンギン感は衝撃でした。ただこれはその人の持つポテンシャルによるものも左右するのでは、というのが正直な感想です。友人の中では確かに増大したと豪語する者もいましたが、計測したわけでもないのでわかりません。しかし女性受けというか、相手の反応が良いのはビッグサイザーの勝ちのような気もします。一瞬の爆発力というか血流のせいなのか、ゴムなしの場合の反応がヤバいという声もありました。お値段的にそれなりのものなので、成分に偽りはないのでしょう。しかし、いつも思うのはこれら下半身サプリになぜ大手が参入してこないのかという疑問です。イメージ的なものでしょうが、例えば大手のなんとか製薬がそういうサプリを出したところで今の時代誰もネガティブには捉えないと思うのですが、これは私だけの意見でしょうか。大手が本気をだして作った下半身サプリも試してみたい気がします。でも結局は自分の体の内蔵の働きというか、限界はあってそのリミットを超えてもバランスが崩れて壊れるだけかなあという気もします。知人に、昼焼肉食べて夜スッポン食べてから、ユンケルでサプリを流し込むということをやった人間がいましたが、ただただ腹を勢いよく下しただけだったそうです。内蔵からしたら、なにしてくれてんねんと全部吐き出すのはとても自然なことだとは思います。ペプチアのマカかビッグサイザーのシトルリンで増大か、体に相談しながら量はほどほどに。

タイトルとURLをコピーしました