歯科クリニックを選ぶ際の注意点とデンタルIQ

歯科クリニックを選ぶ際の注意点とデンタルIQ

よく歯科医院の看板に診療科目がたくさん書かれていることがあります。例えば先生が一人しかいないし会員なのに小児歯科、一般歯科矯正歯科、口腔外科と並んでいるような場合、一見一人で何でもこなせるスーパードクターがいるのではなどと思いがちですが、実はこれが自由標榜制と言われるものです。日本では歯科医師の国家試験に合格して1年間の研修を修了するとそれまでの専門分野や経験年数に関係なく自由に標榜科目を選ぶことができるのです。極端に言えば一度も矯正治療を手がけたことがなくても矯正歯科と名乗って良いということです 。

自由標榜制とは

この自由標榜制は歯科分野に限らず広く以下全体に広く以下全体にも当てはまることで、戦後の医師不足が生んだ日本独特の制度と言われています。でもそれでは何を信頼して矯正歯科を選んでいいのかわからないし、医療としても良くないのではそんな声に応えて矯正歯科の分野では人体や指導医という認定資格が1989年に作られました。これは日本橋日本矯正歯科学会の認定医制度に基づいて、矯正歯科医療に関して適切かつ十分な学識と経験を備えた司会を学会が認定するというものです。認定医になるためには学会が指定する研究 期間で5年以上の矯正歯科臨床経験と学会の審査に合格することが条件となりますさらに指導員になるには12年以上矯正歯科診療機関で3年以上の教育研究にあたることが必要になってきます。2007年11月現在認定医は2465名そのうち543名が指導医となっています。矯正歯科分野には学会の他にも様々な専門団体がありますが、その中の一つ日本臨床矯正歯科医会には認定いうか、それと同等の臨床経験を持つ単価清泉中開業医だけが加入しています。 心身ともに健康な毎日を実現する8020ではなぜ80歳で20本以上の自分の歯が必要なのでしょうか。それは後私たちの生活が密接に関わっているからなのです。言うまでもなく歯は食べる上で必要なパーツで、もし食事をするのに十分な本数が揃っていなければどうなるでしょう。咀嚼が不十分なまま食べ物を飲み込めば胃での消化吸収に負担がかかるだけでなく食べることそのものにストレスを感じるようになってしまいます。20本は大抵の食べ物を噛み砕く最低限の歯の本数自分の歯で、素材の感触を楽しみながら料理を美味しく味わうそうやって 生きる根本の行為である食を満喫できれば生きるか強く揉まれるはずさらに噛むことで脳に刺激を加えて血流も良くなることから認知症の防止になるとも言われています。噛むことはそれほどまでに私たちの生活に深く関わっているのですしっかり貯める自分の歯があることは生活の質の向上にもつながっていくものいくつになっても生き生きと輝いて真の意味で自立した人生が送れることそれを叶えるのが8020なのです。 ではその8020を達成させるにはどうしたらいいのでしょうそもそも母は年齢を重ねることで自然と抜けていくわけではありません。海外との達成状況の違いを見るとそのことがよくわかります。日本の80歳以上の平均的な歯の数は残念ながら約10本自分の歯が20本ある人は全体の約21%というのが現状です。それに比べスウェーデンではほぼ100%を実現、アメリカとオーストラリアでも2010年にはその目標を成し遂げるだろうと言われています 。つまり歯の意識デンタル IQ の高い国ほど達成率も高いということのようで、ではなぜ歯への関心が高いと8020を達成できるのでしょう 。それは歯を喪失する際てる原因が虫歯と歯周病でこれは大抵デンタルケアによって予防できる病気だからです。そしてこれらの病気が噛み合わせや歯並びととも深い関係があるのは、ここで既に書いている通り東京歯科大学准教授達成者41名を印象に対象に実施した調査によると骨格的に問題のある不正 は一人も見られず、全員が良好なかみ合わせをしていたと言います。逆に言えば噛み合わせのバランスが良くないと虫歯や歯周病になるリスクが高くなるということ、歯磨きがしづらいため口の中を衛生的に保つのが難しいのが理由の一つ、中でも歯周病は脳卒中や心臓病などを誘発するとも言われる病気はできれば手入れのしやすい機能的な環境に口の中を整えて、身体全体を健康に導いていきたいものです。ホワイトニングの場合、スターホワイトニングを選びました。スターホワイトニングの口コミを実際に体験してきた

タイトルとURLをコピーしました