歯磨きと歯並び

歯磨きと歯並び

正しい噛み合わせ

正しい噛み合わせと整った歯並びで美味しくご飯を食べて快活に暮らす 寝ている間の歯ぎしりも歯周組織を刺激して歯周病の原因となります。特に毎晩ギリギリと音がでるような歯ぎしりが続いている場合は要注意自分の体重ほどの強い力で噛み合わせることで歯周組織を刺激し歯茎に炎症を起こすきっかけとなります。歯ぎしりの原因として考えられるのは噛み合わせの歯アンバランスクラウンやブリッジなどの被せ物 や不具合など、またストレスとの関係も忘れるわけにはいきません。寝ている間だけでなく人は強いストレスを感じると無意識のうちに歯を強く噛むと言われています。頻繁に強く噛み続けていると歯周組織を圧迫され破壊されることにまたストレスがかかると唾液の分泌が抑えられるため口の中が乾いてきます。唾液には殺菌作用など口の中を良好に保つ働きがあるため量が減ると結局細菌が増殖することに。それが歯周病にもつながるのです。さらにストレスが体の免疫力を低下させ歯周病が発症するというケースもあります。体は自律神経と内分泌系免疫系 映画相互に作用しあってバランスをとり健康な状態を保っています。それがストレスによって自律神経のバランスが崩れるとホルモンの分泌が乱れ免疫機能が低下それによって歯周病菌が増殖し歯周病の発症につながるのです 。歯には内側から押す下の力と外側から抑えるほほほと唇の力の両方がかかっています。この力のバランスが釣り合っていると歯は正しい位置を保ってますが、いつも口を開けていたり口呼吸をしていると唇から歯にかかる力が入り次第に歯が外側に出てきてしまいます。本来無意識の時の舌は上の前歯の手前にありますがそうではなく下の前歯の裏側に触れていたり、上下の前歯の間から舌がはみ出していたりすると前歯でしっかり関係なくなります。こうした好ましくない舌の癖のことを舌癖と言います。舌癖のある人はいつも舌が口の中で低い位置や前 桜にあり歯を押しているため歯並びが崩れる要因となります。また話をする時に歯と歯の間に舌が入り込みさ行た行な行ら行などが舌足らずな発音になることも。 顎の骨格にもよりますが小さい頃からの舌癖がその原因になっていることもあるのです。 舌癖の主な原因は最初に挙げたように口呼吸ですが口呼吸になるわけには子供の頃のアレルギー性鼻炎慢性鼻炎蓄膿症と言った鼻の病気やアデノイドなどの喉の病気扁桃肥大が考えられます。これらの病気は成長する過程で治ることも多いのですが病気が原因で大人になっても口呼吸が残ってしまうことが舌癖に繋がります。また顔形や歯並びによって出やすいこともあります。 口腔筋機能療法はこうした舌癖の治療法として矯正歯科で取り入れられています。これは舌など端に関連する筋肉のバランスを鍛えるためのトレーニング法のことで、一般に MFT と呼ばれています MFT 明ファンクショナルセラピーの目的はトレーニングを通じて下の筋肉の力を強め唇や頬口の周りの筋肉を力をつけて咀嚼嚥下といった正しい動きをマスターし、歯にかかる余計な圧力をなくしていくこと、 マウスマウスピースのような装置を使う治療法簡単に装着できて目立たないブレースの代わりに上下の歯に透明な薄いマウスピースのような装置を付けて歯並びを改善していく治療法です。 歯の重なり具合があまり多くなく歯を大きく動かす必要のない、一日20時間以上装着できる人に向いています。歯磨きや食事の時自分で装置を取り外せるのがメリットでそのぶん装着時間が短くなりやすいのが注意て歯を大きく動かす場合マルチブラケットと併用する可能性があります。また骨格的に左右前後のズレがある場合にはこの治療法は向きません 。まずはベーシックアイテム歯ブラシにこだわりましょう。歯磨きは清潔で健やかな口元を保つための基本的なケアだからこそ歯ブラシは効果的に磨けるものを正しく選びたいものです。 ここではベストのアイテムを見つけるためのポイントと用途に合わせて作られたおすすめの歯ブラシをご紹介します。 ヘッドコンパクトの方が小回りがきいて細部まで動かせます下の長さは1 CM ぐらいのものがベストネックある程度長さがあって細めの方が口の中で邪魔にならず奥まで届くので便利です。気のタイプ固めのタイプを勧められることが多いのですがブラッシング圧の強い人が固めの歯ブラシを使っていると歯の表面にあるエナメル質を削る原因になるので注意が必要です。ブラシ圧を加減するか歯ブラシで爪の付け根をこすってみて痛くない程度のものを選びましょう。グリップ厚みがあるほうがしなりすぎず安定感が 出るのでおすすめ、持ち方は鉛筆を軽く持つようなペングリップが基本です 。鋭角なネックが矯正装置の周りについた磨きづらい汚れに対応角度のあるグリップは歯の裏側に矯正装置をつけている人にも最適です。ネック毛先グリップ全てに工夫が凝らされたワンタフトブラシです。 プラウト歯がガタついて磨きにくい部分や装置の周り奥歯のさらに奥の方などをピンポイントでケアできるサンカクヘッドのワンタフト、 絶妙な角度であらゆる部位に届くので普段使っている歯磨き歯ブラシと組み合わせれば歯の隅々まできれいに磨けます 。オーソセブン、オーソテン、磨き残しが多くなる人のために開発されたいっ歯ブラシ山切りカットのオーソセブンは狙った場所を確実に短く硬い法則の交差点は汚れを逃さず書き出します。 細くて長い毛先が炎症を起こした歯茎をいたわりながら歯垢を除去デリケートの歯茎のためのワンタフトブラシは炎症が気になるおすすめ、力をコントロールしやすいグリップも特徴です。ホワイトニング後のデンタルケアは大事です。

タイトルとURLをコピーしました