デンタルグッズもおもしろい

デンタルグッズもおもしろい

歯ブラシ一つとっても違いがある

歯のホワイトニングでトップを行くホワイトエッセンスですが、ここで取り扱っているデンタル関連の商品を見ても、大手の力を発揮しているのがわかります。例えば歯ブラシですが、耐久性や人間工学の観点から開発されているTepe歯ブラシなどはグリップ感と操作性でリピーター続出のシンプルなのに優等生な人気商品のようです。

バトラーコンプリートヘッドという歯ブラシですが、これは狭く磨きにくいところに届く2.5mmのヘッドが特徴で、一般の歯ブラシとは違う無平線植毛技術が使われることで、その薄さを実現している商品です。またグリップが83㎜と長く、大臼歯部(一番奥にある歯)にも楽々届く優れものです。

フロス一つとってみてもイタリアンメイドの品質の高いものを扱っているところにホワイトエッセンスのこだわりが垣間見えると思います。個人的にはこのフロスというのはもっと日本にも定着していい習慣ではないかと思っています。海外では歯磨きはもちろんですが、このデンタルフロスを普通にやっている人の割合が非常に高いと思います。口元がワイルドだからなのか、歯の隙間が空いている人が多いのか、食生活的なものかもしれませんが、昔から欧米ではこのフロスが歯磨きと同じように定着しているようです。歯の白さにこだわりだすと、この隙間が汚れていく様が我慢ならずにデンタルフロスにはまってしまう人も多いようです。その際このような使う分だけ切ってフロスするタイプは経済的かつ通なやり方ではないでしょうか。

もちろん歯磨きもオリジナルで用意されています。抗菌、抗酸化作用のあるナノプラチナが配合されているちょっと高級な歯磨き粉ですが、クリニックに行かなくてもこれはアマゾンで買えるようになっているので便利です。

他にもセラブレスというカリフォルニア発の世界的なブランドですが、ここの商品も扱っているようです。こちらは刺激がそれほど強くない口臭予防の歯磨きジェルやリンスですが、酸素の力(OXYD-8)が特徴で、リンスなどはアルコールフリーということで女性の支持が強いようです。開発者のハロルド・キャッツ博士の娘さんがきっかけになって生まれた商品というところも優しい成分とつながっているのでしょうか。

他にも酸を作らない素材のガムや、ブレスケアタブレット、ヨーグルトエキスを使ったリップエステの美容液も種類が豊富でこれまた女性にヒットしているようです。

デンタルエステの世界観

前述した商品のラインナップを見てもわかるように、ホワイトエッセンスでは口の中だけにとどまらず、口周り全体をケアしていくコンセプトが見てとれます。歯だけきれいでもその額縁にあたる唇が汚ければ、全て台無しになってしまうわけですから、その流れは必然だと思います。そうした時にフランチャイズである強み、商品開発や、大量の顧客情報、今なにが求められいるかを敏感に感じ取り顧客に還元していくシステムは大手の強みだと思います。ホワイトエッセンスの快進撃はまだまだ終わらないのではないでしょうか。

実際にホワイトエッセンスを体験したライターのレポートがありますので、この機にいちどホワイトエッセンスを試してみてはどうでしょうか。つい先日も有名な高須院長の記事で、歯のホワイトニングはエチケットになってきているといった内容のものを目にしました。歯並びや、白さ、トータルで今口元が注目されているようです。

 

タイトルとURLをコピーしました